「Zoom」アプリの導入・ミーティングの参加まで(スマホ編)

昨今の現状から自宅に居ながら家族友人と連絡・対話が可能なツールの需要がとても上がっています。
しかし「そんなの使ったことがない」「今更誰かに聞けない」という方も多いかと思います。
この記事ではテレビミーティングが可能な「Zoom」というソフトをスマートフォンで使用する方法を実際にビデオ通話するまでを簡単に説明します。

目次


1.導入方法
2.参加の仕方(ホストと参加者)
3.自分がホスト(新規で立ち上げる)になる方法
4.参加する方法

導入方法


まずスマートフォンにアプリをインストールする手順です。
AppStoreで「zoom」で検索し、「Zoom Cloud Meetings」をインストールします。
似たようなアプリ名やアイコンがありますのでご注意下さい。

Zoomへの参加方法(ホスト参加者)


いよいよ実際にミーティング、ビデオ通話に参加していきます。
Zoomでは参加の仕方が2パターンあります。

それが「ホスト」と「参加者」です。

Zoomでは誰かがミーティングの場を新しく設置し、そこに「参加者」が入室する形で行います。
このミーティングの場を設置する側を「ホスト」、そこに入室する側を「参加者」となります。

次より、この「ホスト」「参加者」それぞれの手順でビデオ通話の始め方を説明していきます。

自分がホストの場合の手順


自分がホストとして新規でミーティングを設置する場合、サインインが必要になります。
ここでは、

  1. サインアップ(登録)
  2. 新規ミーティング開始
  3. 仲間を招待

の段階に分けて説明していきます。

サインアップ(登録)

  1. Zoomアプリを起動して、表示画面下部のサインアップをタップします。
  2. 年齢確認の為の生年月日入力、メールアドレス、姓名、を入力してサインアップします。
  3. 入力したメールアドレスに確認用メールが届きますので、送信されてくるURLにアクセスします。
  4. 「Are you signing up on behalf of a school?(教育目的ですか)」と表示されますが、個人で使用される方はNOで大丈夫です。
  5. アカウント用のパスワードを設定します。
  6. 仲間を招待の手順はここではスキップで大丈夫です。

新規ミーティング開始

ここからは再びZoomアプリに戻ります。
画面のサインインより、先ほど設定したメールアドレス・パスワードを入力してサインインします。

新規ミーティングをタップします。
開始設定は以下の通りに選択します。
 ・ビデオ→ON
 ・個人ミーティングID[PMI]( personal meeting id )の使用→ON/OFFどちらでも可(※1)
ミーティングの開始をタップするとミーティングルームが設置されます。

仲間を招待

ここからは設置したミーティングルームに誰かを招待しましょう。
画面下部メニューの参加者をタップします。表示される画面内に「招待」とありますのでタップします。
選択肢の中から「メール送信」を選択すると、文面中に「ミーティングID」と「パスワード」があります。
こちらをメールで相手に伝える、またはコピーしてLINEなどで伝えます。
これで自分のミーティングルームに相手を招待できます。

自分が「参加者」の場合


自分がホストではなく誰かが設置したミーティングに参加する場合は、サインインの必要がありません。
事前にミーティングIDとパスワードをホストから教えてもらってください。

Zoomアプリを開いて「参加」ボタンをタップします。
事前にホストよりもらったミーティングIDを入力します。この画面で自分自身の名前表示を設定できます。「iPhone」等のままだと、相手に自分が誰だかわかりにくいので、自分とわかる名前に変更しておきましょう。

これでミーティングに参加できます。